忍者ブログ
ハワイ生粋サーフボードメーカー HICの 千葉一宮直営店から最新情報!
[196]  [195]  [198]  [194]  [192]  [191]  [193]  [190]  [189]  [188]  [187
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日がJason Nalu Bogleの亡くなった日です。Jasonをよく知る弊社・山本が思い出を話してくれました。

Q「Jasonを知ったのは、どんなきっかけでした?」
山本「15年程前のKatinの広告だったかな?真っ青なバレルの中にHICボードに乗った14、5歳のブルーアイの子供がすっぽりと。」

Q「日本にきたのは、どうしてですか?」
山「日本WQSに誘ったんだ。そうしたらあっさりOKしてくれたんだ」

Q「その時のJasonや大会はどうでしたか?」
山「最初の大会は伊良湖のWQSだった。波のサイズは腿膝で岸から数メーターのところで波が崩れている状態、ジェイソンは本気で大会が延期になると信じてたみたい。
ところが、大会は続行。結局ジェイソンは予選1回戦で敗退。しぶい日本デビューだったよ。」

山「それから、移動で一番苦労したのはトイレ。和式トイレは意味不明でわからず、洋式を探しまくった。コンビニがあるたびに、トイレにダッシュ!洋式が見つかった時はうれしくて。そのコンビニは要チェックだった。」

山「東浪見で行われたWQSで2位になったときは一宮駅前の宝亭で祝賀会。ランス・ジェントリーやFUTUREの井上さんも一緒に一升瓶をまわしながら大酔っぱらい。最後に一宮の駅前で集合写真。知らない間にみんな頭に神風のはちまき!このときジェイソンがオレに一言。2位だったけどこれで良かった?だって。ほんとにいいやつなんだ。」

Q「もう3年前になりますが、Jasonのサーファーたちによるお葬式はどうでしたか?」
山「ジェイソンの散骨をパイプでした時は感動的だったな。オレたちが散骨で沖にパドリング、大きな輪を作って今にも散骨を始める時に、上空から飛んできたヘリコプターから、プルメリアが雪の様に降ってきてさ。
 上空を見上げると、雲の隙間から太陽の光がスポットライトみたいに海を照らし始めたんだ。自分がどこにいるのかもわからなくなる程、幻想的な空間だった。
 集まった仲間には、ブルースやアンディ、ケリー、ボビーマルティネス、ジャックジョンソン、サニーガルシアなど信じられないメンツが集まって、今日1日をジェイソンと過ごしたいって。
 今も、彼に出会えた事、彼の人生の中に自分も居た事に感謝しているよ。」

 







 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WEATHER @ HAWAII
HIC本店のあるハワイ・カイルアのお天気
QR CODE
このブログは携帯でも見れます!このQRコードを読み込ませてみてね!
ABOUT US
HN:
HIC千葉一宮店
性別:
非公開
職業:
サーフショップ
趣味:
サーフィン
自己紹介:
サーフィンスクールもありますよ!
予約制なので電話してくださーい。
0475-42-1522
コメント・トラックバック・リンクもお待ちしてます。
反映されるまでちょっと時間かかりますが、
よろしく!
SEARCH IN BLOG

このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています
緑のgoo
TIDE GRAPH

HIC千葉一宮店 Tel 0475-42-1522 Fax 0475-42-1523

| メールお問い合わせ | 

Copyright(c) 2006-2007 HIC JAPAN All rights reserved.


忍者ブログ [PR]